人工知能Vol. 31 No. 5( 2016 年9月)


※ 本誌の記事は人工知能学会へ入会すると購読できます.入会年度の5月号から,同年度の3月号まで一年分(6冊分)を購読できます.

表紙

巻頭言
IJCAI 2020 とグローバル化 …………………………………………………………… 伊藤 孝行 605

特集:「人工知能学会・情報処理学会共同企画─人工知能とは何か?─」
特集「人工知能学会・情報処理学会共同企画─人工知能とは何か?─」にあたって
……………………………………………………… 栗原  聡,山川  宏,長野  徹,坊農 真弓 606
第1 部「対談」
情報処理と人工知能 …… 対談:栗原 聡・塚本 昌彦/聞き手:角 康之/聞き手・編集:長野 徹 607
第2 部「人工知能における人道とは」
人道知能と自律型アンドロイド …………………………………………………… 石黒  浩 612
人道知能と汎用人工知能 …………………………………………………………… 市瀬 龍太郎 614
軍拡競争の論理を超えて …………………………………………………………… 久木田 水生 616
AI が社会に受け入れられるための「人道」とは? ………………………………… 栗原  聡 618
人道知能って?
─解けることと解ること─ ………………………………………………………… 武田 浩一 620
ウェアラブルコンピューティングと人道知能 ……………………………………… 塚本 昌彦 622
人道知能
─人工知能が迎える夜明け─ ……………………………………………………… 辻野 広司 624
対話システムと倫理 ………………………………………………………………… 東中 竜一郎 626
機械学習の非技術的課題 …………………………………………………………… 丸山  宏 628
相互予測問題の解消によるスマートな協調 ……………………………………… 森川 幸治 630
デカルトからスピノザへ …………………………………………………………… 池上 高志 632
第3 部「技術紹介」
人工知能と倫理 ……………松尾 豊・西田 豊明・堀 浩一・武田 英明・長谷 敏司・塩野 誠・服部 宏充・江間 有沙・長倉 克枝 635
汎用性の創発を脳に学ぶために ………………………………………… 山川  宏 642

特集:「人工知能とEmotion」
特集「人工知能とEmotion」にあたって ……………………………………………………… 坂本 真樹 648
感情でつながる,感情でつなげるロボット対話システム ………… 小川 浩平・住岡 英信・石黒 浩 650
脳機能から見た人型エージェントに対する否定的感情生起プロセス …… 田和辻 可昌・松居 辰則 656
対話システムと感情 ………………… 東中 竜一郎・岡田 将吾・藤江 真也・森 大毅 664
ロボットに心を宿し性格を与える感性情報処理 ……………………………………… 加藤 昇平 671
オノマトペ
─知識とEmotion が融合する人工知能へ ─ ……………………………………………… 坂本 真樹 679
情動から共感へ
─構成的発達科学の挑戦─ ……………………………………………………………… 浅田  稔 685
予測学習に基づく情動の計算論的モデル ………………………………… 長井 志江・堀井 隆斗 694
ロボットは心の友になれるのか?
─脳科学研究が人工知能にもたらせること─ ………………………………………… 岡本 仁 702
試論:人はなぜ感情をもつのか
─行動決定における感情の計算論的役割─ ……………………………………………… 大森 隆司 710


特集:「国内人工知能研究拠点紹介」〔第3 回〕
……………………………………………… 715
(株)ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン/株式会社PEZY Computing


小特集:「コンピュータ囲碁の新展開」

小特集「コンピュータ囲碁の新展開」にあたって …………………… 伊藤 毅志 718
UEC 杯コンピュータ囲碁大会と電聖戦2016 ……………………………………………………………………… 伊藤 毅志 719
自 戦 記
─第9 回UEC 杯と第4 回電聖戦─ …………………………………… 加藤 英樹 726
プロ棋士から見たUEC 杯と電聖戦 ……………………………………… 酒井  猛 731


SF ショート・ショート〔第23 回〕

45.研究者心理におけるパーキンソンの法則
──メタ研究心理学者・ユーリー小松崎の事件簿 ……………………… 松崎 有理 作・画 737
46.A 氏の特別な1 日 ………………………………… 橋元 淳一郎 作・加藤 直之 画 740


私のブックマーク

多腕バンディット問題 ……………………………………………………… 小宮山 純平 743


書   評
…………………………………………………………………… 750


会議報告
…………………………………………………………………………… 748

会  告 ………………………………………………………………………… 1 ~ 5

今回の表紙では,人工知能と社会との今後の関わり方を探る特集号のテーマである「人工知能における人道」を軸として,特に社会が技術に寄せる「期待」と「不安」の二面性といった,受け手となる読者の皆様方が感じ得る多義性をモチーフとしました.
これは今後の人工知能においてセンシティブかつ重要なテーマであることから,この表現については当学会内では編集委員会の範囲を超えて多くの意見が交わされ,「技術者が見せたい未来」と「社会が期待する未来」のギャップといった観点を含め,多角的な面からの議論が巻き起こりました.
結論として,こうした表現を行うことで,多くの皆様と協同しときにはぶつかり合いつつ,人工知能と私達の未来の在り方を問いかける機会となると考え,修正のうえ本イラストを採用いたしました.
修正されたであろう項目の是非も含め,多くの皆様に感じたことを議論していただけたら嬉しく思います. (イラスト:石黒正数)