人工知能Vol. 30 No. 2 ( 2015 年3月)


※ 本誌の記事は人工知能学会へ入会すると購読できます.入会年度の5月号から,同年度の3月号まで一年分(6冊分)を購読できます.

表紙

巻頭言
人工知能との対話がもたらす未来 ………………………………………………………………………………………………… 村上 明子 149

特集:「人工知能と農業」
特集「人工知能と農業」にあたって ……………………………………………………………………………………………… 栗原  聡 150
行為としてのサトウキビ育種 ……………………………………………………………………………………… 杉本  明・寺島 義文 151
地域資源利活用のための統合的情報基盤の要件定義 …………………………………………………………… 菊池 康紀・尾下 優子 157
知農ロボットの探索 ………………………………………………………………………………………………………………… 澁澤  栄 163
産地の営農指導支援システムの研究開発 ……………………………………… 島津 秀雄・神谷 俊之・久寿居 大・沼野 なぎさ 167
AI(Agri-Informatics)に基づく学習支援システムの研究開発
………………………… 神成 淳司・久寿居 大・工藤 正博・小野 雄太郎・沼野 なぎさ・神谷 俊之・島津 秀雄 174
営農支援システム「クボタスマートアグリシステム(KSAS)」の開発 ……………………………………………………… 宮地 克嘉 182
農業クラウドサービスの展開と農業ナレッジの課題と可能性 ………………………………………………… 砂子 幸二・浅井 雅文 188
データに基づく農業の知識産業化
 ─スマートサプライチェーンによる高付加価値ブランド実現に向けて─ ………………… 小池  聡・島村  博・森川 博之 193
農業情報創成・流通促進戦略 …………………………………… 神成 淳司・土井  剛・竹葉 良太郎・鈴木 和志・田雑 征治 199

特集:「データ中心科学」
特集「データ中心科学」にあたって ……………………………………………………………………………………………… 福井 健一 207
スパースモデリングによるデータ駆動科学 ……………………………………………………………………… 永田 賢二・岡田 真人 209
機械学習による情報論的量子状態の異常検知 …………………………………………………………………………………… 鷲尾  隆 217
バイオインフォマティクスやケモインフォマティクスにおける機械学習 …………………………………………………… 山西 芳裕 224
ネットワークデータのオンライン異なり数解析 ……………………………………………………………… 吉田 健一・三田村 健史 230
事象系列データからの共起性マイニング
 ─燃料電池の損傷間および地震間の相互作用抽出─ ………………………………………………………… 福井 健一・沼尾 正行 238

SF ショート・ショート〔第15 回〕
29.最高傑作は …………………………………………………………………………………………… 須賀 しのぶ 作・YOUCHAN 画 247
30.ゲデの仮面 ……………………………………………………………………………………………… 片理  誠 作・YOUCHAN 画 250

特集:「2014 年度全国大会速報論文」
特集「2014 年度全国大会速報論文」にあたって ………………………………………………………………………………… 鷲尾  隆 253

私のブックマーク
ゲームプログラミング(将棋を中心に) …………………………………………………………………………………………… 竹内 聖悟 254

学生フォーラム
阿部周造氏インタビュー「ユニークな課題に挑戦しよう─消費者行動研究者の立場から─」
……………………………………………………………………………………………… 林  侑輝・池田 圭佑・坪井 一晃 262

会議報告 …………………………………………………………………………………………………………………………………………… 265

書   評 …………………………………………………………………………………………………………………………………………… 269

                       

会  告 …………………………………………………………………………………………………………………………………………… 1 ~ 6

Mon, February 16 2015 » トピックス, 学会誌