メーリングリスト詳細 : 2020.05.22 16:42:21
投稿日 2020.05.22 16:42:21
タイトル 【プログラム公表&参加者募集】Code4Lib JAPANカンファレンス2020(6/20-21、オンライン開催)
本文 人工知能学会メーリングリスト読者のみなさま

Code4Lib JAPAN共同代表/株式会社LIFULLの清田と申します。

6月20日・21日の両日に開催するCode4Lib JAPANカンファレンス2020のプログラムを
公表し、参加者募集を開始しました。
第8回となる今回は、愛知県豊橋市にて開催予定でしたが、新型コロナウイルスの感染
拡大の状況を鑑みまして、オンライン形式で開催することといたしました。

昨年のカンファレンスでは、のべ100名以上の参加者にお越し頂き、図書館サービス
と情報技術にかかわる先端的でユニークな取り組みが多数紹介されました。
今年も、基調講演2件、ロング発表8件、ライトニングトーク18枠、
プレカンファレンス、アンカンファレンスなどを実施し、多数の取り組みを共有して
いただくとともに、参加者間の交流を深めます。
多数の皆様のご参加をお待ちしております。

参加登録フォーム: https://forms.gle/wBNZwU7puyBFTTor5


【開催概要】

名称:Code4Lib JAPANカンファレンス2020
日程:2020年6月20日(土)・6月21日(日)※Slack、Zoomを利用したオンライン開催
主催:Code4Lib JAPAN
参加費: 無料
協賛:アカデミック・リソース・ガイド株式会社 / 株式会社カーリル / DAYPLA株式会社 / 株式会社メタ・インフォ
後援:一般社団法人オープンストリートマップ・ファウンデーション・ジャパン / 一般社団法人情報科学技術協会(INFOSTA) / 情報知識学会 / デジタルアーカイブ学会
詳細URL:https://wiki.code4lib.jp/wiki/C4ljp2020

【基調講演企画】

橋本雄太氏(国立歴史民俗博物館 助教)講演予定日:2020年6月20日(土)
講演タイトル:『みんなで翻刻』
講演概要:『みんなで翻刻』は、歴史災害史料を多数の市民の力でテキスト化し、地震研究や防災研究に役立てようという趣旨の参加型プロジェクトです。2017年のプロジェクト開始後、6,000人を超える方々に参加頂き、600万文字以上の古文書が参加者の手によって翻刻されました。この報告では、『みんなで翻刻』のシステムを紹介するとともに、市民参加型のシステムを運営する中で私が得た知見を共有します。

岡田美智男氏(豊橋技術科学大学 教授)講演予定日:2020年6月21日(日)
講演タイトル:〈弱いロボット〉研究のめざすもの ― コミュニケーションに対する関係論的なアプローチ
講演概要:伝えようとしてもなかなか伝わらない….その一方で,伝えようとしなくとも伝わってしまう! ということも.これはどういうことなのでしょう.本講演では,子どもたちの手助けを引き出しながらゴミを拾い集めてしまう〈ゴミ箱ロボット〉,モジモジしながらティッシュをくばろうとする〈アイ・ボーンズ〉,昔ばなしを語り聞かせようとするも,時々大切な言葉を物忘れしてしまう〈トーキング・ボーンズ〉など,〈弱いロボット〉たちとのかかわりを手掛かりに,「弱さ」や「不完結さ」から生まれる豊かなコミュニケーションについて考えます.

その他プログラム https://wiki.code4lib.jp/wiki/C4ljp2020/program

人工知能学会TOP