【参加募集】JSAI2018 物理学会連携「理解」企画セッション(SIG-AGI), 2018/6/7 鹿児島


2018年6月7日(木) 13:50 ~ 15:30 N会場 (2F 桜島)

人工知能学会全国大会にて、

《 物理学会連携「理解」企画セッション 機械知能の理解にむけて ー物理学との対話を通してー 》

が開催されます。

みなさまのご参加をお待ちしております。

ご案内ページ
https://sites.google.com/site/sigagi14/sig-agi/events/understand?pli=1
JSAI2018企画セッションページ
https://www.ai-gakkai.or.jp/jsai2018/ks#ks-7

【狙い】
本セッションでは、「理解」とは何か?というテーマに焦点をあてる。なぜならこれは物理学と人工知能にまたがりかつ重要なテーマと考えられるからです。ここでは、物理学会の現会長ら、科学哲学研究者と共に講演やパネル討論を行います。
これまで「理解」というのは、人が物理現象や知能を理解するというものだけでした。しかしAIが発展した現在において、①AIを通して物理世界を理解する視点、②AI自身が物理世界を理解する視点、③前記をつくるために人による物理世界への理解を参照する認知科学的な視点、④物理世界への理解方法を知能理解に応用する視点などが、顕在化しているからです。
理解はAI開発において重要であり、昨年の汎用人工知能の国際会議においても、「UNDERSTANDING UNDERSTANDING」というワークショップが企画されました。それ以上に、私達自身の知能に対する理解を一般性の高いものにしてゆくことは、今後私達が高度な機械知能を開発し共存してゆくために必要です。しかし現在、私達は知能を包括的に理解する理論的な手段をもっていません。これに対して物理学は、長年の歴史の中で物理世界についての理解が深まり、理論化も進んでいます。そこで、物理学で発展した世界に対する理解について意見を伺いつつ、AI研究者らがより深く機械知能を理解するための手がかりを得ることは1つ目の大きな狙いとなります④。
 また一方で、物理学のデータ分析においても機械学習が使われ始めていますが、そこに含まれるブラックボックス性ゆえに、理解したといえるのかどうかに疑問が呈されているようです①。そこで本企画セッションはでは、こうした諸問題を中心に取り上げ議論してゆきたいと思っています。

※本セッションは、物理学会と人工知能学会の相互作用による発展を目指した連携活動の一環として企画されています。

【オーガナイザー】
澤博(名古屋大学)、大槻東巳(上智大学)、山川宏(ドワンゴ人工知能研究所)