Journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence vol.28 all (ja)

人工知能学会誌 28 巻6 号(2013 年11 月) 1029
● 人工知能学会誌Vol. 28 全目次 ●
〔原稿種類別に掲載〕
No. ページ
巻頭言
研究会の力 ……………………………………………………………………………………………………… 來村 徳信 1 1
リアルワールドのコンピューティング ………………………………………………………………………… 本村 陽一 2 183
2013 年度人工知能学会全国大会へのお誘い ……………………………………………………………… 大和田 勇人 3 357
原稿執筆案内の改訂 …………………………………………………………………………………………… 松尾  豊 4 511
2013 年度人工知能学会全国大会を終えて …………………………………………………………………… 佐藤  敦 5 687
人レベル深層学習は人レベルAI を導くか …………………………………………………………………… 山川  宏 6 825

特集:「編集委員今年の抱負2013」
編集委員今年の抱負2013 ……………………………………………………………………………………… 松尾  豊 1 2
きらめく人工知能(松尾  豊)/そろそろ知能の話をしませんか?(栗原  聡)/人類にAI を!!(阿部
 明典)/知識を使う(市瀬 龍太郎)/機械学習は目的から制約へ(神嶌 敏弘)/オントロジーにおける概
念定義(來村 徳信)/ AI といえば(高間 康史)/ Linked Data で社会と研究をつなぐ(武田 英明)/電
子化と標準化(津本 周作)/ After Singularity 10 年を思い描く(山川  宏)/分裂する人工知能(井手 
 剛)/ロボカップの難しさ(伊藤 暢浩)/人と人のつながりを科学する(大原 剛三)/画像情報処理技術
雑感(角所  考)/オタクのススメ(片上 大輔)/「善い」マトリックスへの一歩?(鹿島 久嗣)/研究
分野としての人工知能(香山 健太郎)/非計算機的計算に向けて(河原 大輔)/良い「試行錯誤」をさせる(小
尻 智子)/人間のようなターンテイキング(駒谷 和範)/ノーベル賞と人工知能研究(小町  守)/あの「会
議報告」っておもしろいですか?(篠田 孝祐)/「当たり前の不便」の解消(鈴木  優)/少ない要素で「理
解」する(平  博順)/単語の発生と消滅について(高村 大也)/素人の一票(鶴岡 慶雅)/データマイ
ニングとセキュリティ(新美 礼彦)/サービス現場の人工知能(西村 拓一)/分析から創造へ(服部 宏充)/
身体能力の学習と忘却(花沢  健)/アルゴリズム,プログラム,サービス(濱崎 雅弘)/木編集距離の研
究動向(平田 耕一)/今年やめること(藤波  努)/頭の柔らかいAI に向けて(ボレガラ ダヌシカ)/
ウェブ担当の今年の抱負(森田 武史)/研究の化石(矢入 健久)/研究協力に対する恩返し(山下 倫央)/
ダイナミクスから知能を考える(我妻 広明)/帯に短し襷に長し(田中 美里)/わかりやすい研究成果の発
信を目指して(玉川  奨)

特集:「音声対話システムの実用化に向けて」
特集「音声対話システムの実用化に向けて」にあたって ………………… 花沢  健・駒谷 和範・香山 健太郎 1 43
音声対話システムの進化と淘汰
 ―歴史と最近の技術動向―…………………………………………………………………………………… 河原 達也 1 45
10 年間の長期運用を支えた音声情報案内システム「たけまるくん」の技術
  …………………………………………………… 西村 竜一・原  直・川波 弘道・李  晃伸・鹿野 清宏 1 52
キャンパスの公共空間におけるユーザ参加型双方向音声案内デジタルサイネージシステム
  ……………………………………………… 大浦 圭一郎・山本 大介・内匠  逸・李  晃伸・徳田 恵一 1 60
音声対話による観光案内システムの開発と多言語化
 ―音声対話システム AssisTra の研究開発から得られた知見と課題―
   ……………………………………………………………… 翠  輝久・水上 悦雄・堀  智織・柏岡 秀紀 1 68
実サービスにおける音声認識と自然言語インタフェース技術
  ………………………………………………………………… 辻野 孝輔・栄藤  稔・礒田 佳徳・飯塚 真也 1 75

特集:「ビッグデータとAI」
特集「ビッグデータとAI」にあたって ……………………………………………………………………… 岩爪 道昭 1 82
ストリームコンピューティングの最新研究動向 …………………………………………………………… 鈴村 豊太郎 1 84
スケーラブルな複合イベント処理技術 ………………………………………… 磯山 和彦・佐藤  正・喜田 弘司 1 91
大規模データ分析基盤Jubatus によるリアルタイム機械学習 ………………………………………… 岡野原 大輔 1 98
大規模情報基盤のための分散キー・バリューストアokuyama による分散共有ストレージの構築
  ………………………………… 岩瀬 高博・藤井 秀明・田中 康司・原口 弘志・泥谷  誠・岩爪 道昭 1 104
非構造化データ利活用のためのメディア処理技術
  ………………………………… 池田 尚司・額賀 信尾・小林 義行・神田 直之・渡邉 裕樹・平山 淳一 1 114
交通システムの課題解決におけるデータ活用の現状と将来展望 …………………………………………… 橋口 典男 1 122
Massive AI 時代の音声・言語技術 …………………………………………………………………………… 中村  哲 1 130

特集:「アンビエント情報基盤」
特集「アンビエント情報基盤」にあたって …………………………………………………… 清川  清・栗原  聡 2 184
アンビエントインタフェース技術の動向 ……………………………………………………………………… 竹村 治雄 2 186
アンビエント情報ネットワーク技術の動向 …………………………………………………………………… 村田 正幸 2 194
ウェアラブルセンサを用いた行動認識技術とその応用 ……………………………………………………… 寺田  努 2 201
人物観測に基づくコミュニケーション状況の認識 …………………………… 角所  考・丸谷 宜史・村上 正行 2 209
生活環境で動作するロボットと人とのインタラクションについての研究動向 …………… 萩田 紀博・宮下 敬宏 2 217
会話インタラクションの理解に基づいた状況知識の流通促進システムの開発 …………………………… 角  康之 2 224
アンビエントインテリジェンス技術の住宅分野への応用の動向 …………… 西山 高史・仲島 了治・椹木 哲夫 2 230
従業員行動計測によるサービスプロセスリエンジニアリング ……………………………… 蔵田 武志・天目 隆平 2 238
女子大生が夢見たウェアラブルでアンビエントな日常 ……………………………………………………… 才脇 直樹 2 245

特集:「人を動かすHAI」
特集「人を動かすHAI」にあたって ………………………………………………………… 山田 誠二・小野 哲雄 2 254
人を動かすHAI デザインの認知的アプローチ ……………………………… 山田 誠二・寺田 和憲・小林 一樹 2 256
エージェントの擬人化の背景にある並列的な認知処理
  ………………………………………………… 高橋 英之・岡田 浩之・大森 隆司・金岡 利知・渡辺 一郎 2 264
人を動かすHAI の適切なデザインのための社会的・心理的アプローチ ………………………………… 竹内 勇剛 2 272
エージェントが解け込む社会に向けて ………………………………………………………………………… 今井 倫太 2 280
「空気を読むロボット」:コミュニケーション空間を利用した人を動かすHAI デザイン
  ……………………………………………………………………………………………… 小野 哲雄・今吉  晃 2 284
子どものこころとからだを動かすロボット …………………………………………………………………… 田中 文英 2 290
エージェントとの多様なインタラクションのためのノンバーバル表現デザイン
  ………………………………………………………………………………… 片上 大輔・角所  考・中村 和晃 2 294
心象映像によるエージェントの内部状態の表出 ……………………………………………… 尾関 基行・岡  夏樹 2 302
潜在的に人を動かすHAI …………………………………………………………………… 安藤 英由樹・飯塚 博幸 2 310

特集:「エージェント」
特集「エージェント」にあたって ……………………………………………………………… 服部 宏充・栗原  聡 3 358
未来の社会システムを支えるマルチエージェントシステム研究(1)
 ―経済パラダイム,交渉エージェント,交通マネジメント―
   ………………………… 伊藤 孝行・金森  亮・チャクラボルティ シャンタヌ・大塚 孝信・原  圭佑 3 360
未来の社会システムを支えるマルチエージェントシステム研究(2)
 ―電力システムおよびワイヤレスセンサネットワークへの応用―
   ………………………… 伊藤 孝行・チャクラボルティ シャンタヌ・大塚 孝信・金森  亮・原  圭佑 3 370
制約充足や最適化に関するエージェント研究の最近の動向 ………………………………… 平山 勝敏・松井 俊浩 3 380
ゲーム理論・メカニズムデザインに関する研究動向 ………………………………………… 岩崎  敦・東藤 大樹 3 389
ソーシャルメディアにおけるエージェント技術 …………………………………………… 山本 仁志・鳥海 不二夫 3 397
ヒューマンエージェントインタラクションの研究動向 ……………………………………………………… 大澤 博隆 3 405
エージェント研究におけるシミュレーション ………………………………………………… 服部 宏充・栗原  聡 3 412
関連分野から見たエージェント技術
 ―サービスコンピューティング分野を例に― ……………………………………………… 石川 冬樹・村上 陽平 3 418

特別企画:「シンギュラリティの時代:人を超えゆく知性とともに」
特別企画「シンギュラリティの時代:人を超えゆく知性とともに」にあたって
  ………………………………………………………………………………… 山川  宏・我妻 広明・吉田 倫子 3 424
特別講演「われ敗れたり,されど」 …………………………………………………… 米長 邦雄・文責:山川  宏 3 427
シンギュラリティの挑戦 ………………………………………… ニール・ジェイコブステイン・文責:飯塚 修平 3 434
知性について問い直す ………………………………………………… エリザベス・チャーチル・文責:我妻 広明 3 439
ダイアローグ「シンギュラリティの論点:人間の知性vs. コンピュータ」
 第1 部 シンギュラリティの起源:人間はなぜ人工知能をつくろうとしたのか
  パネリスト:ウィリアム・ダットン・前野 隆司
  モデレーター:紺野  登・武部 恭枝
  ビデオメッセージ:ポール・サフォー
    …………………………………………………………………………………………………… 文責:中谷 裕教 3 444
 第2 部 意味:人間の脳とコンピュータの違い
  パネリスト:ウィリアム・ダットン・飯田 弘之・前野 隆司
  モデレーター:紺野  登・武部 恭枝
  ビデオメッセージ:アラン・ケイ・伊藤 穰一
    …………………………………………………………………………………………………… 文責:中谷 裕教 3 449
 第3 部 未来:人間とコンピュータの共進化
  パネリスト:ウィリアム・ダットン・ニール・ジェイコブスティン・エリザベス・チャーチル・
        飯田 弘之・前野 隆司
  モデレーター:紺野  登・武部 恭枝
  ビデオメッセージ:ポール・サフォー・アラン・ケイ・カトリーヌ・マラブー
    …………………………………………………………………………………………………… 文責:大澤 博隆 3 453
総括「東洋の知と西洋の知が生み出す弁証法的ダイナミズム」 ………………… 野中 郁次郎・文責:山川  宏 3 465
AGI-12 & AGI Impact: 汎用人工知能に関わる二つの国際会議の報告 …………………………………… 山川  宏 3 468

特集:「グリーンAI」
特集「グリーンAI」にあたって ……………………………… 柴田 博仁・森  幹彦・福井 健一・松井 孝典 4 512
サステイナビリティデザイン指向のAI 研究の動向 ………………………………………………………… 松井 孝典 4 514
環境・サステイナビリティ分野におけるオントロジーを利用した協働支援 ……………………………… 熊澤 輝一 4 523
完全固体電池開発のための人工知能技術の必要性
  ……………………………………………… 佐藤 一永・福井 健一・高藤  淳・橋田 俊之・水崎 純一郎 4 529
データマイニング・オントロジー工学による燃料電池の信頼性診断・知識管理基盤技術
  ……………………………………………… 福井 健一・高藤  淳・佐藤 一永・沼尾 正行・溝口 理一郎 4 535
節電活動を支援するコンピュータ
 ―節電ボリュームとその周辺技術の未来― ………………………………… 堤 富士雄・伊藤 憲彦・三浦 輝久 4 543
オフィスでの働き方の変革による環境負荷削減効果の見積もりに関する考察
  ………………………………………………………………………………… 伊藤 裕二・川本 真司・柴田 博仁 4 551
生態系研究におけるビッグデータの動向と学際研究の可能性 ……………………………………………… 大場  真 4 559
食料産業における適切な食材管理を目指した生産・流通・消費の情報共有システム
  ………………………………………………………………… 加島 智子・松本 慎平・蓮池  隆・松井 孝典 4 567
ゆがんだ二次元コードの復号による廃棄物認識
  ………………………………… 小野 智司・川上 雄大・伊藤 拓也・藤田 晋輔・中山  茂・川崎  洋 4 575

特集:「仕掛学」
仕掛学への誘い ………………………………………………………………………………………………… 松村 真宏 4 583
仕掛学概論
 ―人々の人々による人々のための仕掛学― ………………………………………………………………… 松村 真宏 4 584
古きを温ねて,新しきを知れば,もって仕掛学となるべし
 ―社会心理学の古典研究から― ……………………………………………………………………………… 松田 昌史 4 590
ナッジする仕掛け ……………………………………………………………………………………………… 山根 承子 4 596
マーケティングと仕掛学 ……………………………………………………………………………………… 山本  晶 4 601
コミュニケーションの仕掛け
 ―認知と行動の変容を促す多重のストラテジー― ………………………………………………………… 岡本 雅史 4 607
あえて不便を仕掛ける ………………………………………………………………………………………… 川上 浩司 4 615
サービスデザインとプロトタイピングの仕掛学 ……………………………………………………………… 武山 政直 4 621
高揚感と共感を生み出す動物園デザインの仕掛け ………………………………………………………… 片山 めぐみ 4 627
風景異化と仕掛けに関する考察………………………………………………………………………………… 花村 周寛 4 633
「おもしろい」を仕掛ける
 ―笑いの制作実践とその仕掛学的解釈― ………………………………… 谷  雅徳・松下 光範・白水 菜々重 4 639

特集:「一人称研究の勧め」
特集「一人称研究の勧め」にあたって ………………………………………………………… 諏訪 正樹・堀  浩一 5 688
人工知能研究の方法 …………………………………………………………………………………………… 堀  浩一 5 689
見せて魅せる研究土壌
 ―研究者が学びあうために―………………………………………………………………………………… 諏訪 正樹 5 695
羽生善治氏の研究 ……………………………………………………………………………… 伊藤 毅志・松原  仁 5 702
一度限りの? ことばの響き…………………………………………………………………………………… 阿部 明典 5 713
創造という行為の研究について………………………………………………………………………………… 藤井 晴行 5 720
認知症から見る人間の知能と人工知能による支援 ………………………………………………………… 大武 美保子 5 726
研究者の起源 …………………………………………………………………………………………………… 松尾  豊 5 734
客観的研究と主観的物語 ……………………………………………………………………………………… 中島 秀之 5 738
一人称研究にまつわるQ&A
………………………………………………… 諏訪 正樹・堀  浩一・中島 秀之・松尾  豊・松原  仁・
大武 美保子・藤井 晴行・阿部 明典 5 745

特集:「コンピュータ囲碁の最前線―UEC 杯と電聖戦2013 速報―」
UEC 杯と電聖戦の趣旨と経緯 ………………………………………………………………………………… 伊藤 毅志 5 754
UEC 杯の解説を終えて ………………………………………………………………………………………… 鄭  銘■ 5 759
解説の立場から見たUEC 杯コンピュータ囲碁大会 ……………………………………………………… 青葉 かおり 5 761
電聖戦の立会人の視点から …………………………………………………………………………………… 王  銘■ 5 763
コンピュータと私 ………………………………………………………………… 二十四世本因坊秀芳(石田 芳夫) 5 765
Aya の技術と自戦記 …………………………………………………………………………………………… 山下  宏 5 766
自戦記
 ―第6 回UEC 杯と第1 回電聖戦― ………………………………………………………………………… 加藤 英樹 5 771
Short Comment to the UEC Cup Tournament and the Densei-sen ………………………………… Remi Coulom 5 775
UEC 杯海外勢の先端技術 ……………………………………………………………………… 荒木 伸夫・村松 正和 5 776
コンピュータ囲碁の展望 ……………………………………………………………………………………… 松原  仁 5 781

特集:「パーソナルデータに基づく気付きの創発」
特集「パーソナルデータに基づく気付きの創発」にあたって ……………………………… 城戸  隆・髙玉 圭樹 6 827
個人の生活管理のためのソーシャルデータからの行動パターンの発見 ……………………… 潘  睿・松尾  豊 6 829
The Brain as a Mirror for Health and Wellbeing ………………… Crystal Goh・Yoshinobu Kano・Ryota Kanai 6 835
MyFinder 構想
 ―パーソナルゲノムによる自己の探究― …………………………………………………………………… 城戸  隆 6 840
睡眠から高齢者の気持ちを察する次世代介護支援システム ………………………………………………… 髙玉 圭樹 6 851
患者と医師が使う言葉の違い
 ―闘病記の医学的な応用に向けて― ……………………… 荒牧 英治・増川 佐知子・宮部 真衣・森田 瑞樹 6 857
トップパフォーマー達の「ゾーン体験」に見る「感性」の再考 …………………………………………… 志岐 幸子 6 862
分散PDS による個人データの自己管理 ……………………………………………………………………… 橋田 浩一 6 872

特集:「介護・医療システムの現場参加型開発」
特集「介護・医療システムの現場参加型開発」にあたって ……………… 西村 拓一・渡辺 健太郎・本村 陽一 6 879
フィールド・イノベーション:現場参加型の業務改革 ……………………… 有馬  淳・千葉 広隆・中川  肇 6 880
Co-design プロジェクトが自発的に回ること
 ―社会を形づくるデザインに向けて―
   ………………… 須永 剛司・小早川 真衣子・山田クリス孝介・渡辺 健太郎・新野 佑樹・西村 拓一 6 886
音声つぶやきによる看護・介護サービスの記録・連携支援 ………………………………………………… 内平 直志 6 893
看護現場との協働による目的指向ガイドライン開発の取組み
  ……………………………………………………………… 笹嶋 宗彦・西村 悟史・來村 徳信・溝口 理一郎 6 899
サービス現場シミュレータと行動計測によるプロセス事前評価 …………………………… 大隈 隆史・蔵田 武志 6 906
介護分野における定量的評価の有効性 ………………………………………………………… 神成 淳司・福田 亮子 6 912
現場主導のサービス設計に向けて
 ―User-driven Product/Activity Design―
   …………………………… 渡辺 健太郎・黒田 知宏・福原 知宏・三輪 洋靖・西村 拓一・本村 陽一 6 918
介護・医療における現場参加型アプローチの課題と展望
 ―持続的・自律的サービスシステムの実現に向けて―
   ……………………………………………… 本村 陽一・西村 拓一・西田 佳史・佐藤  洋・大山 潤爾 6 924

特集:「2013 年度人工知能学会全国大会(第27 回)」
特集「2013 年度人工知能学会全国大会(第27 回)」にあたって ………………………………………… 佐藤  敦 6 930
第27 回全国大会を終えて
 ―人間とAI の囲碁対局の行方― …………………………………………………………………………… 松原  仁 6 931
基調講演・招待講演・特別講演………………………………………………………………… 犬塚 信博・大谷 紀子 6 932
一般セッション ……………………………………………………………………………………………… 大和田 勇人 6 933
オーガナイズドセッション ………………………………………………………………… 砂山  渡・松井 藤五郎 6 934
インタラクティブセッション…………………………………………………………………………………… 山根 昇平 6 956
近未来チャレンジ ……………………………………………………………………………… 服部 正嗣・村川 賀彦 6 957
企業参加推進 …………………………………………………………………………………… 大西 貴士・植野  研 6 960
参加者交流会 …………………………………………………………………………………………………… 佐藤  敦 6 961

シリーズ特集
シリーズ特集:「世界のAI,日本のAI」〔第22 回〕
デューク大学での研究生活 …………………………………………………………………………………… 東藤 大樹 4 646

*  *  *

解 説
イグノーベル賞受賞研究 SpeechJammer …………………………………………………… 栗原 一貴・塚田 浩二 2 318

*  *  *

連載解説:「Deep Learning(深層学習)」
連載解説「Deep Learning(深層学習)」にあたって ……………………………………… 神嶌 敏弘,松尾  豊 3 472
〔第1 回〕ディープボルツマンマシン入門
 ―ボルツマンマシン学習の基礎― …………………………………………………………………………… 安田 宗樹 3 474
〔第2 回〕多層ニューラルネットワークによる深層表現の学習 …………………………………………… 麻生 英樹 4 649
〔第3 回〕大規模Deep Learning(深層学習)の実現技術 ……………………………………………… 岡野原 大輔 5 785
〔第4 回〕画像認識のための深層学習 ………………………………………………………………………… 岡谷 貴之 6 962

*  *  *

レクチャーシリーズ:「人工知能とは」
レクチャーシリーズ「人工知能とは」にあたって …………………………………………………………… 松尾  豊 1 138
〔第1 回〕人工知能とは(1) …………………………………………………………………………………… 中島 秀之 1 139
〔第2 回〕人工知能とは(2) …………………………………………………………………………………… 西田 豊明 2 326
〔第3 回〕人工知能とは(3) ………………………………………………………………………………… 溝口 理一郎 3 486
〔第4 回〕人工知能とは(4) …………………………………………………………………………………… 長尾  ■ 4 660
〔第5 回〕人工知能とは(5) …………………………………………………………………………………… 堀  浩一 5 793
〔第6 回〕人工知能とは?(6)
     ―認知発達ロボティクスによる知の設計― ……………………………………………………… 浅田  稔 6 975

*  *  *

SF ショートショート
4.ヒストリー …………………………………………………………………………… 山口  優 作・とり みき 画 1 144
5.バックアップの取り方 ……………………………………………………………… 江坂  遊 作・東城 和実 画 1 147
6.当業者を命ず ………………………………………………………………………… 堀   晃 作・東城 和実 画 1 150
7.アズ・ユー・ライク・イット ……………………………………………………… 山之口 洋 作・東城 和実 画 2 336
8.AUTO ………………………………………………………………………………… 森  深紅 作・東城 和実 画 2 339
9.抜け穴 ………………………………………………………………………………… 渡邊 利道 作・安彦 良和 画 3 495
10.発話機能 …………………………………………………………………………… 忍澤  勉 作・安彦 良和 画 3 498
11.幻 臭 ……………………………………………………………………………… 新井 素子 作,安彦 良和 画 4 667
12.スピリット・キャッチ …………………………………………………………… 井上 雅彦 作,安彦 良和 画 4 670
「SF ショートショート」2 年目の連載にあたって …………………………………………………………… 松原  仁 5 802
13.訪  問 ……………………………………………………………………… 東野  司 作・いしかわ じゅん 画 5 803
14.AI の就職難 ………………………………………………………………… 小林 めぐみ 作・いしかわ じゅん 画 5 806
15.投   了 …………………………………………………………………… 林  譲治 作・いしかわ じゅん 画 6 984
16.みんな俺であれ ……………………………………………………………… 田中 啓文 作・いしかわ じゅん 画 6 987

*  *  *

特集論文
特集:「人工知能分野における博士論文」
博士論文特集にあたって
 ―博士論文に見る研究テーマの動向― ……………………………………………………… 角所  考・矢入 健久 1 153
基礎・理論 …………………………………………………………………………………………………………………… 1 154
機械学習・データマイニング………………………………………………………………………………………………… 1 154
知識の利用と共有 …………………………………………………………………………………………………………… 1 159
Web インテリジェンス ……………………………………………………………………………………………………… 1 159
エージェント ………………………………………………………………………………………………………………… 1 162
ソフトコンピューティング ………………………………………………………………………………………………… 1 163
自然言語処理 ………………………………………………………………………………………………………………… 1 165
画像・音声 …………………………………………………………………………………………………………………… 1 167
ロボットと実世界 …………………………………………………………………………………………………………… 1 168
ヒューマンインタフェース・教育支援 ……………………………………………………………………………………… 1 169

論文特集:「近未来チャレンジ」
2011 年近未来チャレンジ論文特集にあたって ……………………………………………………………… 阿部 明典 1 171

論文特集:「HAI(Human-Agent Interaction)」
論文特集「HAI(Human-Agent Interaction)」の発行にあたって ……………………… 角所  考・片上 大輔 2 342

論文特集:「2012 年度全国大会速報論文特集」
「2012 年度全国大会速報論文特集」にあたって ……………………………………………………………… 相澤 彰子 3 501

論文アブストラクト
人工知能学会論文誌Vol. 27 アブストラクト ……………………………………………………………………………… 6 990

*  *  *

私のブックマーク
情報可視化 ……………………………………………………………………………………………………… 橋本 康弘 1 172
SAT ソルバー …………………………………………………… 番原 睦則・宋  剛秀・田村 直之・井上 克巳 2 343
情報検索インタフェース ……………………………………………………………………………………… 山本 岳洋 4 673
Linked Open Data ……………………………………………………………………………………………… 加藤 文彦 5 809
情報推薦システム ……………………………………………………………………………………………… 奥  健太 6 1015

*  *  *

グローバル・アイ
シドニー滞在記 ………………………………………………………………………………………………… 合田  隆 3 502
アメリカ滞在記
 ―ディズニーリサーチ& CMU 滞在とYahoo! Labs 就職までの長い道のり ………………………… 山田  誠 5 815

*  *  *

学生フォーラム
第68 回 神嶌敏弘氏「戦略的に研究を進めよう」 ……………………………………………………………………… 3 504
第69 回 「2013 年度人工知能学会全国大会学生企画活動報告」 ………………………………………………………… 6 1019

*  *  *

会議報告
合同エージェントワークショップ&シンポジウムJAWS
 (Joint Agent Workshop and Symposium)2012 ……………………………………………………………………… 1 177
ICCE 2012 会議報告 ………………………………………………………………………………………………………… 2 349
ICLMC 2013 会議報告 ……………………………………………………………………………………………………… 3 507
International Conference on Learning Representations(ICLR 2013) ……………………………………………… 4 676
AAMAS 2013 ………………………………………………………………………………………………………………… 4 677
World Wide Web Conference 2013 ………………………………………………………………………………………… 4 679
AAAI Spring Symposium 2013,Data Driven Wellness 会議報告 …………………………………………………… 5 817
AAAI Spring Symposium on Shikakeology 会議報告~プロポーザルから開催まで~ ……………………………… 5 819
23rd International Joint Conference on Artificial Intelligence(IJCAI 2013) ……………………………………… 6 1021
The 19th ACM SIGKDD Conference on Knowledge Discovery and Data Mining(KDD 2013) ………………… 6 1023

*  *  *

書 評
岡田美智男著:弱いロボット,シリーズ ケアをひらく,医学書院(2012) …………………………………………… 2 351
大澤幸生著:イノベーションゲームの発想技術-ゲームでひらくビジネスチャンス,pp. 219,
 日本経済新聞出版社(2013) ……………………………………………………………………………………………… 3 509
人工知能学会 編集,來村徳信 編著:オントロジーの普及と応用,pp. 240,オーム社(2012) …………………… 5 822

*  *  *

文献紹介
Furrer, L. and Volk, M.: Reducing OCR errors in gothic-script documents
 (ブラックレター書体の文書に対するOCR 誤り訂正),
  Proc. Workshop on Language Technologies for Digital Humanities and Cultural Heritage,
    pp. 97-103(2011) ………………………………………………………………………………………………… 1 179
Segedy, J. R., Kinnebrew, J. S. and Biswas, G.: Modeling learner’s cognitive and
 metacognitive strategies in an open-ended learning environment
 (自由学習環境における認知及びメタ認知方略のモデル化),
  AAAI Fall Symp. on Advances in Cognitive Systems(2011) …………………………………………………… 2 352
岡辺拓巳,青木伸一,宇多高明,芹沢真澄,加藤 茂:漁船の操業データを用いた沖合海底地形の
 変動解析について,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 66,No. 1,pp. 696-700(2010) …………………… 4 681
Kaargiorgou, S. and Pfoser, D.: On vehicle tracking data-based road network generation
 (自動車の移動履歴データに基づいた道路地図の生成),
  ACM SIGSPATIAL GIS, Nov. 6-9, 2012, Redondo Beach, CA, USA(2012) …………………………………… 4 685
Parundekar, R., Knoblock, C.A. and Ambite, J.L.: Discovering concept coverings in ontologies of
 linked data sources, Proc. 11th Int. Semantic Web Conference(2012) …………………………………………… 6 1025

Fri, November 22 2013 » トピックス, 学会誌