Journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence vol.27 all (ja)

人工知能学会誌 27 巻6 号(2012 年11 月) 719
● 人工知能学会誌Vol. 27 全目次 ●
〔原稿種類別に掲載〕
No. ページ
巻頭言
設計力が問われるAI サービスの幕開け …………………………………………………………… 梅木 秀雄 1 1
研究会コミュニティの広がりと相互作用…………………………………………………………… 山本 章博 2 109
山口市で開催される第26 回全国大会へのお誘い ………………………………………………… 阿部 明典 3 229
財務理事2 年間を終えて
 ―一般社団法人 人工知能学会への一歩― …………………………………………………… 鎌田 真由美 4 341
2012 年度人工知能学会全国大会を終えて ………………………………………………………… 相澤 彰子 5 457
学会公式Web サイトリニューアルについて ……………………………………………………… 津田  宏 6 543
新会長就任挨拶
会長就任のご挨拶
 ―新たなステージ:学際研究フロンティアと実感の伴うAI を目指して― ………………… 山口 高平 4 343
変わること……………………………………………………………………………………………… 松尾  豊 4 344
*  *  *
特集:「構成的発達科学を目指して」
特集「構成的発達科学を目指して」にあたって…………………………………………………… 浅田  稔 1 2
共創知能を超えて
 ―認知発達ロボティクスによる構成的発達科学の提唱―……………………………………… 浅田  稔 1 4
社会的共創知能へのアプローチ
 ―社会的行動獲得と社会関係構築の相互作用の構成―……………………… 吉川 雄一郎・石黒  浩 1 12
胎児発達の構成論的研究と発達障害理解…………………………………………… 國吉 康夫・森  裕紀 1 20
身体的共創知能
 ―柔軟な身体構造と環境との相互作用から生み出される適応性―…………………………… 細田  耕 1 28
特集:「Twitter とソーシャルメディア」
「Twitter とソーシャルメディア」にあたって …………………………………… 大向 一輝・松尾  豊 1 34
Twitter における情報伝播 …………………………………………………………………………… 風間 一洋 1 35
ソーシャルメディアの政治的活用
 ―活用事例と分析事例から―…………………………………………………… 吉田 光男・松本 明日香 1 43
ソーシャルメディアと分断化する社会的リアリティ……………………………………………… 小林 哲郎 1 51
ソーシャルメディアと匿名性………………………………………………………………………… 折田 明子 1 59
ソーシャルセンサとしてのTwitter
 ―ソーシャルセンサは物理センサを凌駕するか?―…………………………… 榊  剛史・松尾  豊 1 67
特集:「系列パターンマイニングの最近の動向」
系列パターンマイニングの最近の動向……………………………………………… 阿部 秀尚・津本 周作 2 110
センサ情報からの系列パターンマイニング………………………… 栗原  聡・福田 健介・菅原 俊治 2 112
頻出パターンマイニングのグラフ系列への適用…………………………………………………… 猪口 明博 2 120
多様なデータに対する系列パターンマイニングの適用…………………………………………… 櫻井 茂明 2 128
テキスト系列マイニングにおける有用性尺度について…………………………………………… 岩沼 宏治 2 136
系列パターンマイニングを用いたストリーミングデータからの特徴抽出……… 中原 孝信・矢田 勝俊 2 146
重複系列の発生パターンに関する時系列マイニングとその医療応用…………… 阿部 秀尚・津本 周作 2 154
特集:「Linked Data とオントロジー」
特集「Linked Data とオントロジー」にあたって ……………………………… 長野 伸一・山口 高平 2 162
720 人工知能学会誌 27 巻6 号(2012 年11 月)
Linked Data とデータマッピング ………………………………………………………………… 神崎 正英 2 163
Linked Data とアイデンティティ ………………………………………………………………… 武田 英明 2 171
集合知によるLinked Data の構築 ……………………………………………… 江渡 浩一郎・濱崎 雅弘 2 181
Linked Data を利用した情報統合 ………………………………………………… 森田 武史・山口 高平 2 189
Linked Data とセンサネットワーク ……………………………………………………………… 長野 伸一 2 200
特集:「離散構造処理系―知能情報処理を支えるアルゴリズムの技法」
特集「離散構造処理系―知能情報処理を支えるアルゴリズムの技法」にあたって…………… 鷲尾  隆 3 231
BDD/ZDD の技法と離散構造処理系 ………………………………………………………………… 湊  真一 3 232
大規模データの類似度検索技術…………………………………………………… 津田 宏治・田部井 靖生 3 239
高速クリーク・密部分グラフマイニングアルゴリズム…………………………………………… 宇野 毅明 3 246
劣モジュラ性に基づく知能情報処理への新展開…………………… 河原 吉伸・永野 清仁・鷲尾  隆 3 252
離散構造データのデータマイニングツール開発とその応用……… 羽室 行信・中元 政一・森田 裕之 3 261
特集:「ポスト経験主義の言語処理」
特集「ポスト経験主義の言語処理」にあたって…………………………………………………… 平  博順 3 271
合理主義と経験主義のはざまで
 ―内的な処理の計算モデル―……………………………………………………………………… 辻井 潤一 3 273
統計的自然言語処理と機械学習・統計学の未来…………………………………………………… 持橋 大地 3 284
統計的機械翻訳の現場………………………………………………………………………………… 渡辺 太郎 3 288
文法理論に基づく構造化と統計的曖昧性解消による深い構文解析……………………………… 宮尾 祐介 3 296
合理主義言語学における部分構造論理……………………………………………………………… 戸次 大介 3 304
LFG 理論をめぐる言語処理研究の発展 …………………………………………… 大熊 智子・増市  博 3 310
意味・談話処理課題の規格化とその諸問題………………………………………………………… 飯田  龍 3 318
言語学と言語処理の共生は可能か?
 ―統計基盤の言語処理の限界はどこにあるか?
  それは知識基盤の言語処理で克服できるか?―……………………………………………… 黒田  航 3 326
特集:「知識の転移」
特集「知識の転移」にあたって……………………………………………………… 神嶌 敏弘・松尾  豊 4 345
認知科学と学習科学における知識の転移…………………………………………………………… 白水  始 4 347
音声認識における転移学習:話者適応……………………………………………………………… 篠田 浩一 4 359
自然言語処理における分野適応……………………………………………………………………… 森  信介 4 365
強化学習における知識の転移
 ―異なるタスクへの適応―……………………………………………………………………… 松井 藤五郎 4 373
クラウドソーシングと機械学習……………………………………………………… 鹿島 久嗣・梶野  洸 4 381
特集:「人と環境に見る高次元データフローの生成と解析」
エディトリアル:マッシブデータフローの科学を目指して
 ―人と環境の間を流れる高次元のデータフローを巡る生成と解析について―
  ……………………………………………………………………………………… 池上 高志・岡  瑞起 4 389
持続発展可能なロボット開発におけるマッシブデータフロー…………………………………… 石黒  浩 4 396
ディジタルミュージアムとライフログ……………………………………………………………… 廣瀬 通孝 4 401
マルチモーダルデータを用いた会話的インタラクションの構造理解…………………………… 角  康之 4 405
ヒトの行動意図の推定と誘導
 ―直観的な非言語インタフェースへの応用から―……………………………………………… 前田 太郎 4 411
大規模データに基づく動物行動学の新展開……… 笹原 和俊・高橋 美樹・鈴木 研太・岡ノ谷 一夫 4 418
都市におけるジオタグ付きツイートの統計………………………………………… 橋本 康弘・岡  瑞起 4 424
テンポラルネットワーク……………………………………………………………………………… 増田 直紀 4 432
大規模ネットワークデータの分析と社会応用……………………………………………………… 森 純一郎 4 437
人工知能学会誌 27 巻6 号(2012 年11 月) 721
特集:「ロボットは東大に入れるか?」
特集「ロボットは東大に入れるか?」にあたって………………………………………………… 松原  仁 5 458
人工知能のグランドチャレンジ……………………………………………………………………… 松原  仁 5 459
ロボットは東大に入れるか?
 ―国立情報学研究所「人工頭脳」プロジェクト―……………………………… 新井 紀子・松崎 拓也 5 463
「大学入試問題を解く」ことから見える言語,知識,世界理解に関する研究課題
 ………………………………………………………………………………………… 宮尾 祐介・川添  愛 5 470
物理モデル理解と自然言語処理の統合による理科問題の回答…………………… 稲邑 哲也・横野  光 5 479
自然言語処理と計算代数の接合による数学問題へのアプローチ … 相澤 彰子・松崎 拓也・穴井 宏和 5 483
統合研究基盤:質問応答システムの互換コンポーネント化による再利用性向上と開発自動化支援
 ………………………………………………………………………………………………………… 狩野 芳伸 5 492
特集:「コンピュータ囲碁」
特集「コンピュータ囲碁」にあたって……………………………………………… 伊藤 毅志・松原  仁 5 496
コンピュータ囲碁研究の歩み………………………………………………………………………… 伊藤 毅志 5 497
Zen のアーキテクチャ ………………………………………………………………………………… 加藤 英樹 5 501
Zen と対戦して
 ―コンピュータ囲碁はどこへ向かうのか―……………………………………………………… 大橋 拓文 5 505
私と「モンテカルロ囲碁」 …………………………………………………………………………… 王  銘鋺 5 510
2012 年3 月17 日のプロ棋士対コンピュータの対戦
 ―コンピュータ囲碁の立場から見て―…………………………………………………………… 村松 正和 5 12
特集:「記号創発ロボティクス」
特集「記号創発ロボティクス」にあたって………………………………………… 岩橋 直人・谷口 忠大 6 544
確率モデルからの記号の創発
 ―Bayesian Linguistics に向けて― ……………………………………………………………… 麻生 英樹 6 546
マルチモーダルカテゴリゼーション
 ―経験を通して概念を形成し言葉の意味を理解するロボットの実現に向けて― … 長井 隆行・中村 友昭 6 555
ロボットと言語
 ―言語コミュニケーション能力の機械学習―…………………………………………………… 岩橋 直人 6 563
二重分節構造に基づく教師なし学習と記号創発
 ―時系列情報の分節化による記号創発ロボティクスへのアプローチ―……………………… 谷口 忠大 6 569
ロボット対話
 ―実世界情報を用いたコミュニケーションの学習―…………………………………………… 杉浦 孔明 6 580
ヒューマノイドロボットの知能の設計
 ―身体運動の記号化から自然言語への展開―…………………………………………………… 高野  渉 6 587
連続音声からの語彙学習……………………………………………………………………………… 田口  亮 6 594
音声の知覚と発声の発達過程の構成的理解
 ―認知発達ロボティクスによる音声発達―……………………………………………………… 浅田  稔 6 600
幼児はいかに他者という記号をロボットに見いだすか?………………………… 高橋 英之・岡田 浩之 6 612
社会的知能発生学シミュレータ SIGVerse を用いた記号創発ロボティクスの展開 …………… 稲邑 哲也 6 619
特集:「2012 年度人工知能学会全国大会(第26 回)」
特集「2012 年度人工知能学会全国大会(第26 回)」にあたって ……………………………… 阿部 明典 6 626
アーティクル:第26 回全国大会への想い ………………………………………………………… 阿部 明典 6 627
招待講演:Towards Vocal Robot based on Cognitive Developmental Robotics ………… Minoru Asada 6 632
オーガナイズドセッション報告にあたって………………………… 小野 智司・砂山  渡・阿部 明典 6 645
オーガナイズドセッション報告…………………………………………………………………………………… 6 647
メディアと人工知能に関するWorkshop 報告 …………………………………………………… 阿部 明典 6 676
企業参加推進…………………………………………………………………………………………… 長野 伸一 6 679
722 人工知能学会誌 27 巻6 号(2012 年11 月)
シリーズ特集:「世界のAI,日本のAI」
〔第21 回〕カリフォルニアの研究生活 …………………………………………………………… 安積 卓也 2 207
*  *  *
解 説
Linked Open Data チャレンジ Japan 2011 を振り返って
 ………………………………………………………… 乙守 信行・長野 伸一・佐藤 宏之・萩野 達也 5 518
*  *  *
レクチャーシリーズ:「コンピュータ将棋の技術」
〔第5 回〕コンピュータ将棋の評価関数と棋譜を教師とした機械学習 ………………………… 金子 知適 1 75
〔第6 回〕囲碁と将棋のプログラミングの違い …………………………………………………… 山下  宏 2 211
〔第7 回〕コンピュータ将棋における大局観の実現を目指して ………………………………… 竹内  章 4 443
*  *  *
SF ショートショート
SF ショートショート連載の開始にあたって ……………………………………………………… 松原  仁 5 527
1.十姉妹であるとはどういうことか ……………………………………………………………… 松崎 有理 5 528
2.死に神 ……………………………………………………………………… 眉村  卓 作・とり みき 画 5 530
3.タクと過ごした半年間と ………………………………………………… 太田 忠司 作・とり みき 画 6 680
4.ヒストリー ………………………………………………………………… 山口  優 作・とり みき 画 6 683
*  *  *
特集論文
特集:「人工知能分野における博士論文」
博士論文特集にあたって
 ―博士論文に見る研究テーマの動向―…………………………………………… 來村 徳信・角所  考 1 83
基礎・理論…………………………………………………………………………………………………………… 1 84
機械学習・データマイニング……………………………………………………………………………………… 1 85
知識の利用と共有…………………………………………………………………………………………………… 1 85
エージェント………………………………………………………………………………………………………… 1 87
ソフトコンピューティング………………………………………………………………………………………… 1 88
自然言語処理………………………………………………………………………………………………………… 1 88
画像・音声…………………………………………………………………………………………………………… 1 90
ロボットと実世界…………………………………………………………………………………………………… 1 92
ヒューマンインタフェース・教育支援…………………………………………………………………………… 1 93
AI 応用 ……………………………………………………………………………………………………………… 1 95
論文特集:「2011 年度全国大会速報論文」
「2011 年度全国大会速報論文特集」にあたって …………………………………………………… 間瀬 健二 2 216
論文特集:「データマイニングとシミュレーション」
論文特集 データマイニングとシミュレーション
 ………………………………………………… データマイニングとシミュレーション論文特集編集委員会 3 333
…………………………(http://www.t3.jstage.jst.go.jp/browse/tjsai/-char/ja/ に掲載)
論文特集:「ファイナンスにおける人工知能応用」
論文特集「ファイナンスにおける人工知能応用」 ……………………………………………… 鳥海 不二夫 6 686
人工知能学会誌 27 巻6 号(2012 年11 月) 723
論文アブストラクト
人工知能学会論文誌Vol. 27 アブストラクト …………………………………………………………………… 6 687
*  *  *
私のブックマーク
生体情報とHCI ……………………………………………………………………………………… 棟方  渚 1 97
潜在的トピックモデル………………………………………………………………………………… 佐藤 一誠 3 334
確率密度比に基づく機械学習………………………………………………………………………… 山田  誠 4 449
決定グラフを用いたデータ構造……………………………………………………………………… 川原  純 5 532
*  *  *
グローバル・アイ
フィンランドでサービスサイエンスを学ぶ………………………………………………………… 松本 光崇 5 537
*  *  *
学生フォーラム
第65 回 鈴木久美氏「道を狭めず外に出よう」 ……………………………………………………………… 1 102
第66 回 山川 宏氏「自能人たれ」 …………………………………………………………………………… 5 539
第67 回 「2012 年度人工知能学会全国大会学生企画活動報告」 …………………………………………… 6 709
*  *  *
会議報告
7th International Conference on City Logistics 2011 年6 月7 ~ 9 日,Mallorca Island, Spain ……… 1 107
PRIMA 2011 会議報告 …………………………………………………………………………………………… 2 217
isAI 2011 報告 ……………………………………………………………………………………………………… 2 218
KES, IDT 2012 ……………………………………………………………………………………………………… 4 453
PRIMA2012 ………………………………………………………………………………………………………… 6 000
2012 年度人工知能学会全国大会 交流会報告 …………………………………………………………………… 6 000
*  *  *
書 評
高橋 誠:かけ算には順序があるのか(岩波科学ライブラリ),pp. 128,岩波書店(2011) ……………… 2 223
大須賀節雄:思考を科学する~「考える」とはどういうことか?~,260pp.,オーム社(2011) ……… 3 339
*  *  *
文献紹介
Long, M., Cheng, W., Jin, X., Wang, J. and Shen, D.: Transfer learning via cluster corresponding
 inference(クラスタ対応推定を通じた転移学習), 2010 IEEE Int. Conf. on Data Mining
  (ICDM 2010), pp. 917-922(2010) ………………………………………………………………………… 2 224
Ohshiro, M., Matsushita, K., Mackin, K. J. and Nunohiro, E.: Programming learning support
 system with competitive gaming using monitoring and nicknames(モニタリングとニックネームを
  用いた競争ゲーム機能付きプログラミング学習支援システム),The 17th Int. Symp. on Artificial
   Life and Robotics 2012(AROB 17th’12), pp.238-241(2012) ……………………………………… 4 454
Liu, W., Wang, J., Ji, R., Jiang, Y. G. and Chang, S. F.: Supervised hashing with kernels
 (カーネルベースの教師付きバイナリハッシュ関数の学習), 2012 IEEE Conf. Computer Vision and
  Pattern Recognition(CVPR), pp. 2074-2081(2012) …………………………………………………… 6 715

Thu, November 1 2012 » 学会誌