【締切延長】第101回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI)


第101回人工知能基本問題研究会の発表申込および原稿摘出締切を以下の様に延長させて頂きます。
皆様のご参加・ご発表を心よりお待ちしております。

■ 発表申込期限:2016年7月11日(月) 12:00

■ 原稿提出期限:2016年7月20日(水) 12:00

■ 開催日:2016年8月7日(日),8日(月)

■ 会場:北海道大学

〒060-0808 北海道札幌市北区北8条西5丁目

■ テーマ:特集「人工知能・機械学習技術の他分野への応用」および一般

■ 開催趣旨
「人工知能」や「機械学習」は今やテレビや新聞でも一般的に扱われる言葉となり,様々な企業や団体が人工知能研究所を設立し,人工知能を用いたサービスを展開し初めています.再びの「人工知能ブーム」により,研究者に限らず,多くの人々が人工知能や機械学習に強い関心と大きな期待を寄せています.
今回の研究会では,これらの関心や期待に応えるべく,人工知能・機械学習技術が他分野にどのように応用されているか,また,他分野からどのような期待をされているかを学ぶ機会として,それらの基礎理論,応用事例,他分野で期待される技術や未解決の問題,話題提供を含め幅広い研究発表を募集します.また,これに限らず,人工知能の基本問題に関する理論・技術の研究発表も歓迎します.

■ 招待講演 (五十音順):

[講演1] 津田 宏治 氏 (東京大学)
□ 講演タイトル:人工知能技術による機能分子設計
□ 概要:核酸・タンパク質などの生体高分子や,物質・材料研究における金属・セラミック・ナノ粒子など,望みの機能を持つ分子を設計することは,科学的・産業的に大きな意義を持つ.本講演では,ベイズ最適化やモンテカルロ木探索などの人工知能技術を用いた分子設計技術を紹介し,RNAの二次構造設計・金属界面の構造最適化・データベースからの低熱伝導度材料発見などの適用例を述べる.

[講演2] 東中 竜一郎 氏 (NTT メディアインテリジェンス研究所)
□ 講演タイトル:雑談対話システムの評価とその問題点
□ 概要:対話システムは,ユーザとの対話を通してタスクを遂行するタスク指向型対話システムとコミュニケーション自身を目的とする非タスク指向型対話システム(雑談対話システムとも呼ぶ)に大別されるが,前者がタスク達成率などの尺度でそのパフォーマンスを計ることができるのに対し,後者は主観的要素が強く,その評価は難しい.本講演では,NTTにおける雑談対話システムやその実用化事例を紹介するとともに,現在の評価の仕方およびその問題点について述べる.

■ 詳細
人工知能学会 第101回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI)
http://www.ar.sanken.osaka-u.ac.jp/~sigfpai/past/fpai101.html